MENU

スポ−ツジムは女子高の延長。派閥争いに巻き込まれたくない

ジム
体の健康のために、近所のスポ−ツジムに通い始めました。何度か行っているうちに、一人一人が好きなダンスとか、好きなヨガなどが決まってきて同じ時間のレッスンを受けるようになってきます。

 

私もダンスが好きなので、毎週決まった時間のレッスンを受けるようになりました。そうすると、顔見知りの人が多くなってきます。自分が踊る場所も、決まってきます。初めは何も感じてなかったのですが、しだいにお昼に来る、おばさん達にはグル−プがある事がわかりました。

 

それぞれのグル−プにテレトリ−があります。他のグル−プの悪口を言って派閥がありました。人前では普通に話していても、陰で悪口を言ってるのを何度も目撃をしました。そして踊る時に、中間から前列の場所には群れをなしているグル−プがいます。

 

中間から後ろは群れをなさないフリ−の人がいます。それが分かってきた時に、まるで女子高みたいだと思いました。女子高のグル−プやイジメみたいだと思いました。女の人は、何歳になっても群れを作り派閥を持ちたがる動物なのだと思いました。

 

私は派閥に巻き込まれたくないので、群れをなさないフリ−でいてます。お昼にジムにきている女性は、50代60代が多いです。子育てからも手が離れて自由に楽しもうと思う頃です。

 

やっとストレスもなくなって、時間もできたのだったら、もっと大らかに沢山の人と心から楽しめる方がいいのにと思います。ジムで体を動かし鍛えて健康体にはなりますが、心も健康体になるためのレッスンをジムに作ってほしいです。そうすれば、女子高の延長はなくなるのではないでしょうか。